【重要なお知らせ】天候不良による配送の遅延について
よくある質問
  • 1日の給餌量はどのくらいですか?

    一般的にウエットフードは水分量が多く、ドライフードと比較すると栄養濃度はかなり「薄い」傾向あります。当ウエットフードも栄養を凝縮しておりますが、これだけで1日に必要な栄養を満たすためには大量に食べる必要があり「体重1kgあたり70g」が目安となります。ですので、ウエットフードだけで全て満たそうとするより「全く食べない時」や「食いつきをよくするための導入」として、他のフードと組み合わせてご使用いただくことをおすすめいたします。
  • 他のドライフードと混ぜる場合、おすすめのフードや選び方はどうすればいいですか?

    他のフードと混ぜてご使用いただけますが、健康状態、年齢によっては、かえってデメリットになることがあります。例えば、腎臓、肝臓、膵臓、甲状腺、副腎、心臓など内臓の不調を伴う場合、高タンパク質フードは内臓の負担になる場合があります。下記を参考にしてください。

    <内臓疾患をかかえている愛犬にタンパク質過多を防ぐ方法(一例)>
    ・当フードと他社ドライフードを混ぜる場合のフードの選び方→タンパク質18~25%程度の低~中タンパク質のドライフードを選ぶ。
    ・当フードとタンパク質30%前後の高タンパク質ドライフード、またはお肉を混ぜる場合→茹でた野菜をミックスして、相対的にタンパク質を下げ、中和する。
  • 特典の陰陽パウダーの選び方が分からないですが?

    暑がり傾向→陽性体質なので「陽性パウダー」
    寒がり傾向→陰性体質なので「陰性パウダー」
    どちらでもない、または分からない場合→「中庸パウダー」

    という基準でお選びください。
  • 陰陽パウダーをミックスする目的は何ですか?

    陰陽五行の世界では、体の性質として「陰・陽・中庸」と体の構成要素として「気・血・水」が存在します。

    ■「陰・陽・中庸」について
    「陰性」は、寒がり。冷やす性質。
    「陽性」は、暑がり。温める性質。
    「中庸」は、陰陽バランスの良い状態。

    ■「気・血・水」について
    「気」は、人体の生命活動の基本で、活力のエネルギーの元になります。
    「血」は、「全身に栄養を供給し潤す」「精神活動の基礎物質となる」の2つがあります。
    「水」は、津液とも呼ばれ体内の水分のことで全身をうるおし血の材料ともなります。

    これらの要素を組合せ「体質にあった養生をする」という目的のために、陰陽中庸パウダーを付属しました。
和漢みらいのキャットフード ウエット  腫瘍
和漢みらいのキャットフード ウエット 長寿
和漢みらいのキャットフード ウエット  シニア
和漢みらいのキャットフード ウエット  腎臓
和漢みらいのキャットフード ウエット  皮膚アレルギー
和漢みらいのキャットフード ウエット  結石
和漢みらいのキャットフード ウエット 心臓
和漢みらいのキャットフード ウエット  肝臓
和漢みらいのキャットフード ウエット  膵臓
和漢みらいのキャットフード ウエット  糖尿
和漢みらいのキャットフード ウエット  骨関節
和漢みらいのキャットフード ウエット 胃腸
和漢みらいのキャットフード ウエット  ダイエット
キャットウエットフード


みらいのキャットフードシリーズ
食事療法 みらいのキャットフード GAN+
みらいのキャットフード 特別療法食J(腎臓用)
みらいのキャットフード 長寿サポート
みらいのキャットフード 特別療法食SE(シニア・高齢用)
みらいのキャットフード 特別療法食KE(結石・膀胱炎用)
みらいのキャットフード 特別療法食H(骨関節用)
みらいのキャットフード 特別療法食SI(心臓用)
みらいのキャットフード 特別療法食KA(肝臓用)
みらいのキャットフード 特別療法食SU(膵臓用)
みらいのキャットフード 特別療法食IC(胃腸用)
みらいのキャットフード 特別療法食TO(糖尿・白内障用)
みらいのキャットフード 特別療法食A(皮膚アレルギー用)
みらいのキャットフード 特別療法食D(ダイエット用)


キャットドライフード


漢方・その他
紅豆杉
スーパーオメガ3パウダー
和漢クッキー 和漢ドッグフード
和漢鹿肉ジュレ 和漢ドッグフード
和漢鹿肉アイケアジュレ 和漢ドッグフード
和漢鹿肉ぷちジャーキー 和漢ドッグフード
スーパーハナビタタケ
食べているうちに歯のお掃除 マウスクリーンパウダー


薬膳おやつシリーズ


みらいのドッグフード



YAKUZEN GARDEN(自然の森漢方堂)instargram 薬膳・みらいのドッグフード instargram