■当フードのこだわり…以下の理由により製造ロットごとに形や色合いが異なったり、断りなく原材料を変更する場合があります。
※こだわり1)「臨床栄養学」「陰陽五行」に基づいた品質向上のため、最先端原材料を導入する等、配合レシピのバージョンアップを図る。
※こだわり2)免疫枯渇(栄養や和漢植物の作用の慣れ)を防ぎ、毎月新鮮な刺激を享受できるよう、あえて原材料配合比率に変化をつける。

和漢で護る愛猫の五臓六腑 なぜ愛猫に和漢なのか? 愛猫に漢方のメリット

猫の死因としてガン(腫瘍)癌、心臓病、腎不全のなど様々な病気が上位にランクしています。サプリだけでは補えない病気に苦戦している愛猫のための総合栄養食

最新臨床栄養からの視点

病気の苦戦中の愛猫のことを1番に考えた食事とは高タンパク質&糖質制限&高脂質&高オメガ3脂肪酸。現在猫の死因として腫・瘍癌(ガン)、心臓病、腎不全のなど様々な病気が上位。

腫瘍の小動物の臨床実験による食事の推奨栄養レベル

様々な病気が猫の死因の上位になっている中、ガン(腫瘍)癌、心臓病、腎不全など病気の猫に気を付けないといけない食事のポイントを臨床栄養学でみる

高タンパク質&糖質制限&高脂質&高オメガ3脂肪酸

愛猫が病気を宣告された時、今のフードの原料をご確認ください。
獣医師、ペット栄養管理士の監修のもと過去に愛猫を腫瘍で亡くしたスタッフたちの10年越しの想いが完成しました。
進化する新・免疫維持対策
こだわり2 オメガ3脂肪酸(青魚や雑節でDHAとEPAを大量補給)
和漢キャットフードのここがポイント1
日野先生
和漢レシピ 和漢多品種和漢茸 野生の熟成鹿肉 マクロビオティック無農薬発酵素材
和漢キャットフードのここがポイント3
酸化対策に第7の栄養成分ファイトケミカル
酸化対策に第7の栄養成分ファイトケミカル
酸化対策に第7の栄養成分ファイトケミカル
和漢植物名成分和漢植物名成分
アガリクスβグルカンチョウジオイゲノール
アマニα‐リノレン酸(オメガ3脂肪酸)朝鮮人参ギンセノシド
アムラβグルコガリン陳皮リモネン
アルギニンアミノ酸DHADHA(オメガ3脂肪酸)
イチョウ葉テルペンラクトン田七人参パナキサトリオール
ウイキョウアネトール甜茶カテキン
ウコンビサクロン当帰の葉フェノール
ウラジロガシカテコナールタンニン冬虫夏草βグルカン
蝦夷ウコギエレウテロシドドクダミクエルシトリン
大麦若葉グルコイソビテキシン杜仲の葉ゲニポシド酸
オリーブヒドロキシチロソールナツシロギクパルテライド
オルニチンアミノ酸大棗(ナツメ)ジジフスサポニン
ガイヨウ1.8シオネール南蛮の毛シトステロール
ガジュツシオネールニンドウフラボン
カミツレビサボロールネトルリーフヒスタミン
カワラタケβグルカンノコギリヤシイソフラボン
キクイモイヌリンノニアルカロイド
菊の花ハラオリンバイキセイエルゴステロール
キダチアロエアロエニンハス胚芽ヘスペリジン
キバナオウギホルモノネチンハスの葉ヌシフェリン
ギムネマギムネマ酸八角リモネン
ギョクチクコンバラリン発酵グルコサミンアミノ酸
グアバ茶グアバ茶ポリフェノールハトムギコイクセラノイド
枸杞の葉ベタインバナバ葉コロソリン酸
クコの実(ゴジベリー)ゼアキサンチンハナビラタケβグルカン
クマザサリグニンバンカエラグ酸
クランベリープロアントシアニジンバンランコンルペオール
クロガリンダポリメトキシフラボノイドヒハツピペリン
桑の葉クエルセチンマロニルグルコシド枇杷の葉アミグダリン
ケイケットウフェノールプロポリスフラボノイド
ケイヒオイゲオールベニバナカルタミン
ゴカヒイソフラキシジンマイタケビチオン
ザイレリアアミノ酸マタタビメントン
サラシアサラシノール紫イペナイアシン
サンザシオレアノール酸メシマコブβグルカン
サンシシゲニポシド山芋グルコマンナン
ジャーマンカモミールルテオリンヤマブシタケβグルカン
ジャバラナリルチンユーグレナパラミロン
生姜(ショウガ)ショウガオール(加熱)吉野葛イソフラボノイド
白きくらげβグルカンヨモギクロロフィル
スギナクロロフィルライフクシフェニルプロパノイド
タモギダケエルゴチオネイン霊芝ガノレリン酸
タラコンピポリフェノールレンセンソウヌシフェリン
ダンデライオン
(西洋タンポポ)
イヌリンローズレッドペダルオイゲニン
チャーガβグルカン      

和漢レシピ 和漢多品種和漢茸 野生の熟成鹿肉 マクロビオティック無農薬発酵素材
こだわり1 本能が求める熟成鹿肉
こだわり2 オメガ3脂肪酸(青魚や雑節でDHAとEPAを大量補給)

こだわり2青魚(いわし、サバなど)&雑節(煮干など)(必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸や優良タンパク質アルギニン)

煮干し・雑節・魚粉などを混合して、アミノ酸のバランスを最適化。雑節の魚に含まれるタンパク質は、安全性、栄養バランス、消化率、P/Ca比、アレルギー等さまざまな観点からみても、牛や鶏、馬よりも、猫にとって優れています。また、健康な血管や循環系などの免疫力維持のため、優良タンパク質の「アルギニン」を食品中から自然に摂取できるよう、生肉の他、雑節、ゴマを高配合しました。

こだわり3 生玄米粉・食物繊維で糖質ブロック
こだわり4 オレイン酸が多い菜種油の1番絞り
こだわり5 低温低圧力製法(栄養素・酵素を破壊しない)
10種のスーパーキノコ はなびらたけ アガリクス 冬虫夏草 霊芝 ヤマブシタケ メシマコブ タモギダケ カワラタケ チャーガ シイタケ菌糸体
こだわり6 強力10種のスーパー茸の命をたべる


みらいキャットフードG・A・N+(ガン プラス)[特別療法食]原材料一覧

生肉(鹿,魚),国産雑節,豚脂,ヤシ,大豆,玄米,大麦,サツマイモ,菜種油,胡麻,米ぬか,卵殻カルシウム,和漢植物【紅豆杉,冬虫夏草,霊芝,アガリクス,ハナビラタケ,チャーガ(シベリア霊芝),板藍根,蝦夷ウコギ,田七人参,朝鮮人参,DHA,亜麻仁,ジャバラ,ノニ果実,タヒボ(紫イペ),メシマコブ,山伏茸,タモギタケ,シロキクラゲ,マイタケ,カワラタケ,ユーグレナ(ミドリムシ),クランベリー,プロポリス,ノコギリヤシ,クコの実(ゴジベリー),八角,ウコン,紅花,菊の花,当帰の葉,ケイヒ,ケイケットウ,ギョクチク,発酵グルコサミン,オルニチン,アルギニン,クロガリンダ,ヒハツ,菊芋,ナツシロギク,クマザサ,ヨモギ,ガジュツ,吉野葛,ハトムギ,キバナオウギ,ドクダミ,大麦若葉,ギムネマ,サラシア,カミツレ,陳皮,スギナ,大棗(ナツメ),イチョウ葉,桑の葉,甜茶,キダチアロエ,山芋,ザイレリア,アムラ,ハス胚芽,生姜,チョウジ,ウイキョウ,ガイヨウ,サンザシ,サンシシ,マタタビ,ライフクシ,ウラジロガシ,グアバ葉,枸杞の葉,ゴカヒ,タラコンピ,杜仲の葉,南蛮の毛,ニンドウ,バスキセイ,ハスの葉,バナバ葉,バンカ,枇杷の葉,レンセンソウ,ジャーマンカモミール,ローズレッドペダル,ネトルリーフ,ダンデライオン,オリーブ】,,サチャインチオイル(耐熱性オメガ3脂肪酸),海藻(フコイダン),イヌリン,セルロース,リジン,メチオニン,乳酸菌,オリゴ糖,タウリン,コリン,ビタミン類(E,B群,A),ミネラル類(亜鉛,鉄)

※国産鹿肉&無農薬マクロビ食材を主体に和漢植物・サプリ成分・オメガ3など約89品種で構成。
※原材料の多くは国産を使用しておりますが、日本で調達できない一部原料は海外産を使用しています。
海外産使用例)チャーガ(シベリア霊芝)…ロシア、紅豆杉…中国、サチャインチオイル&サチャインチパウダー…ペルー等
※グルコサミンについて…カニやエビなど甲殻類を使用せず、アレルギー反応を起こしにくい植物性の『発酵グルコサミン』を使用しています。


たたかう和漢
みらいのキャットフード【特別療法食 栄養回復(G・A・N+)】
よくある質問
  • 療法食の切り替えは、どのようにすれば良いのですか?

    急激に切り替えるより、今までのフードに徐々に混ぜながら1 ~2週間程度で切り替えることをおすすめいたします。当フードは、和漢植物の食物繊維を多く含むため、使用初期は便が緩む傾向がありますので、便の硬さ、行動などの様子を見ながら、ゆっくりと体質に合わて徐々に切り替えていくといいでしょう。
  • 一般的なサプリとどのように効果が違いますか?

    当フードは猫にみられるアレルギー反応を起こす可能性が大きい7大アレルゲンを排除しつつ、血液力、筋肉力、免疫維持力を意識し、様々な原材料を大量に、しかも多品種に渡りバランス良く配合した「食べながら健康維持をはかる」ことを意識したキャットフードです。サプリのような特定の栄養を補給するのではなく、毎日の主食である食事そのものから、健康全体の体質づくりするという点がサプリと異なります。
  • 鹿肉とか和漢植物を食事として摂る意味について?

    ライオンやトラ等はネコ科に分類されるように、猫は肉食動物であり特に鹿肉は大好物。優良なタンパク質でかつ低脂質と理想的です。また和漢植物89種類をはじめ、ファイトケミカル、オメガ3脂肪酸等高栄養価食品をご飯と一緒に、しかも日常的に継続的に摂れることは、内臓器官はもちろん、体全体の免疫力を維持するという点からも、とてもメリットが大きいです。
  • うんちをよくするようになったのですが?

    当フードは、未精製玄米、未精製大麦、サツマイモや多数の和漢植物等、食物繊維が大変豊富に含まれております。これらは難消化性炭水化物、食物繊維と言われ、血糖値が上がりにくくしたり、食物繊維が善玉菌のエサになり、うんち量が増える傾向があります。なお、腸が弱い愛猫の場合には、始めは少量ずつ慣れさせながら与えてあげると良いでしょう。
  • 白や茶色の糸のようなものは何ですか?

    天然肉のです。(天然素材を活かした製造の証です。)
    「細い白や茶色の糸」のように飛び出してみえる場合がありますが、これは「肉の筋」です。市販フードの多くが見栄えを良くするために、高温で肉粉にして筋を減らしますが、タンパク質が壊れ動物油脂が酸化してしまいます。フードには栄養を残すため、低温で生肉をミンチ状にして直接練り込む製法を採用しており、天然肉の筋(すじ)が残ることがあります。この部分は細く消化しやすいため、全く安全性も問題ございません。


  • 穀物不使用がいいと聞くのですが?

    「穀物、野菜などは短い腸の猫には不要なもの」、「グレインフリーフードが良い」と言った情報を見かけます。しかし最近の猫の研究では、穀物をしっかり消化できる能力が備わり、むしろ腸内の善玉菌のエサになることが分かってきました。反対に「グレインフリーフード」は、どうしてもタンパク質過多、食物繊維も「豆中心」になり、内臓機能の負担になる傾向があり、世界的な潮流としては「適度に食物繊維を含む穀物や野菜を配合したフード」が主流になってきています。
  • 穀物やイモ類の炭水化物はいいの?

    炭水化物が全てNGではありません。「猫の病気は血糖値との関係性が高い」と言われ、血糖値の上昇値(GI値)を指標にします。例えば、同じイモ類でも、ジャガイモとさつまいもでは、ジャガイモがGI値90、さつまいもは55と、さつまいもの方がGI値は低いです。これは食物繊維が多い分、糖の吸収速度に制限がかかり血糖値をあげにくいから。なるべくGI値の低いものを選びましょう。
    ※詳しくは「GI値」で検索してみてください。


  • キノコ(βグルカン)の長期使用はいいの?

    同じキノコを一定量、長期使用(例えば「霊芝」を3ヶ月以上継続使用)すると免疫枯渇や効果の実感が弱まるのでは?」というご質問を受けることがあります。弊社ではその事柄の信憑性について疑問を持っておりますが、念のため、いつも新鮮な刺激が長期間に渡って猫のカラダに送り込めるよう、下記のような工夫をしております。

    1)10種類キノコを駆使し製造ロットごとに、あえて異なる配合比率で変化(ズレ)を作る。(年間を通し同じ設計にしない)
    2)抗酸化作用の多品種アミノ酸やミネラル等、補益性栄養素を補充する。

    ※上記の理由により、4ヶ月間分を越えるまとめ買いはオススメしておりません。
  • キノコや和漢植物特有のニオイは気になりませんか?

    キノコや和漢植物は、生肉などに練り込まれ、ニオイが消されています。通常キャットフードを開封すると、ツンとした特有の臭いがありますが、当フードは、ほとんどありません。むしろ野生鹿肉の引き締まった肉質とお魚の香りで食欲を増進させ、従来のフードと比べても、食いつきがよいとの報告を多数受けております。
  • 『G・A・N+』の使用を検討していますが、様々な疾患を併発している場合、どのフードを選んだらいいですか?

    通常、「栄養回復」と各臓器・部位の疾患を1つ(単品)のフードだけで同時ケアするのは困難です。なぜなら、『栄養回復のためには、高タンパク質重視』、『内臓器官維持のためには、低タンパク質重視』の傾向が強く、相反する栄養の構成が求められるからです。そこで当フードは各臓器や症状に対して栄養学的にアプローチし、全シリーズ『G・A・N+』と同量の和漢植物を配合、さらに目的別に配合比率に変化を加えながら、栄養回復と内臓維持の両方に配慮した和漢植物、食材を選定し、「1つのフードで同時ケア」することに成功いたしました。例えば、下記のようなご選択がおすすめです。

    ・『腎臓』と『G・A・N+』の併用(併発を心配)する場合…『腎臓用キャットフード
    ・『肝臓』と『G・A・N+』の併用(併発を心配)する場合…『肝臓用キャットフード』
    ・『膵臓』と『G・A・N+』の併用(併発を心配)する場合…『膵臓用キャットフード』
    ・『心臓』と『G・A・N+』の併用(併発を心配)する場合…『心臓用キャットフード』
    ・『アレルギー』と『G・A・N+』の併用(併発を心配)する場合…『皮ふ・アレルギー用キャットフード
    ・『シニア猫(8歳以上の高齢猫)』で『G・A・N+』の併用(併発を心配)する場合…『シニア用キャットフード』

    ※「G・A・N+」以外の特別療法食は「スーパーオメガ3パウダー」が付いておりません。オメガ3脂肪酸は、どの臓器の健康維持にも有効ですので、市販の「亜麻仁油」、または弊社の「スーパーオメガ3パウダー」の併用もおすすめいたします。
  • サンプルは、無いのですか?

    本当に必要な栄養をしっかりと食べる、食べなければ、食べるための工夫をするという方針からサンプルは用意しておりません。
  • お湯でふやかして食べさせてもいいですか?

    熱に強い和漢植物やオメガ3脂肪酸を厳選しているため、長時間、煮込まなければ問題ございません。ミキサーで小粒や粉末に粉砕してからふやかすと、さらに容易に柔らかくすることができます。また『キャットフードをペースト状にする』『お肉とミックスしてハンバーグのように焼いたり、茹でたり、鶏そぼろのように細かく刻む』『卵とフードを混ぜ、卵焼きとしてあげる』などの工夫で食欲を換気することも可能です。

  • 色合いや硬さが以前と違うことがあるのですが?

    当フードでは、長期間の使用でも、様々な刺激を与えられるように、毎回あえて配合比率にズレを作るように設計しております。そのことによる、味や色、匂い、表面の仕上がりが毎回品質の違いが生じます。なぜ、このようなことをしているかと言いますと、

    通常キャットフードは、毎月同原料、同比率で製造し、配合率を変更することはありません。しかし、このような性質のキャットフードは、特に療法食のような病気に対応する食事の場合、毎回同じ栄養補給しても「細胞に対する耐性」をつくってしまい、効果を弱めてしまう可能性がございます。もう少し詳しく言いますと、一般的に、漢方薬やサプリメントは同じ原材料を同比率で長期間使用すると、いわゆる体質の慣れが生じてしまいます。(これを免疫枯渇といいます)

    この同じ栄養を長期間摂ることによる継続的な作用の『体質の慣れ』→【免疫枯渇】を防ぐため、毎月新鮮に刺激を感じるよう、製造ロットごとに異なる調合率により、作られています。例えば、

    1)チャーガや霊芝が多いロットは黒さや茶色みが強い
    2)ハナビラタケ、シロキクラゲが多いロットは白さが強い
    3)上記2種類のフードがミックスされている

    と3タイプがあります。毎月様々な栄養構成パターンで設計しており、それまでの色味と異なったり、匂いも若干変わる事がありますが、長期的な効果としましては、むしろ毎回若干異なる刺激で、免疫力維持の力を持続させることに繋がります。またこの原料の違いの他に、鹿肉の脂肪や水分量による違いによる表面上のザラつき度合いも変化します。ツルツルな場合もあれば、ザラザラのものもあり、この2つの種類を組み合わせることで、色合いや表層の異なるフードになりますが、これも当フードならではの特長です。これも長期的な持続的な効果のためには、とても有効な設計になり、決して品質の劣化等ではございませんので、ご安心くださいませ。


    当フードは鹿肉の生肉を使用しているため、狩猟時期や個体差による脂分や水分量に違いがあり、これにより、表面がザラつく場合があります。また白っぽい骨(軟骨)や茶色っぽい糸状のもの(筋や脂肪が乾燥したもの)が入ることがありますが、全て自然のものであり品質上問題ございません。
  • 多頭飼いをしています。健康な愛猫に特別療法食を食べさせてもいいですか?

    『G・A・N + は高栄養価食』、『腎臓用や肝臓用等は栄養制限食』など、同じ用に見える原材料でも、それぞれが特別な原材料比率で構成されており、飼い主様の独断での使用はお控えください。健康な愛猫には幼猫から成猫(0~7歳以下)は『長寿用』、中年・高齢猫(8歳以上)は『シニア用』が最適です。
  • 食べない場合、返品はできますか?

    『商品発送日から起算して14日以内、未開封であれば返品可能』です。ただし当フードのみで食べないと効果が出ないというものではありません。他のフードに少し混ぜてあげるだけでも、ある程度の和漢植物効果が期待できます。例えば、食いつきの良いフードに、みらいのキャットフードを数10%ミックスするだけで、漢方やサプリ栄養成分を補給できますので、少量でもあげる価値は、十分あるものと考えております。
  • まとめ買いの割引価格は、種類の違うフードの組み合わせでも適用になりますか?
    (例:G・A・N+2袋+腎臓用1袋=計3袋?の扱いになる?)
    (例:G・A・N +2袋+腎臓用1袋=計3袋?の扱いになる?)

    申し訳ございません。『同じ種類のみのまとめ買い』に限らせていただいております。
  • はじめから定期購入で購入するのは抵抗があるのですが?

    当社の定期購入は初回発送のみで、すぐの解約も可能です。定期購入の基本は毎月のお届けになりますが、ご連絡いただければ「2回目以降の休止」「自動発送ではなく必要な時に都度の発送」「周期の延長」などご希望ごとに対応させていただきます。もちろん1回の購入でも定期価格が適用されます。
    ご指示がない場合…毎月自動的に発送。
    ご依頼がある場合…初回発送後、ご連絡あるまで次回は発送しない。
  • 病気の併発、その他複数の目的のために、最適なフードの選び方はありますか?

    下記の『フード選びの早見表』をご参考ください。
にがい漢方からおいしい和漢習慣。






G・A・N+食事療法プラン一覧

※定期コースは30日周期で自動発送するプランですが、周期変更、一時休止、再開、解約、商品変更等のお手続きがいつでも可能です。
到着予定日10日前までにご連絡ください。
※定期解約例)定期と言っても継続縛りはなく、1回のみのご購入でも解約可能。
※周期変更例)『25日毎』「40日毎」『2ヶ月毎』など自由に周期設定が可能。
※商品変更例)『G・A・N+ 用』→『腎臓用』など商品変更が可能。

ご注意

【G・A・N+】は高タンパク質フードにつき『内臓疾患が無い7歳までの愛猫』に最適です。「内臓疾患の併発」または「8歳以上の高齢猫」の場合、高タンパク質は栄養の分解の働きが過剰になる分、内臓の負担になる場合があります。『免疫が低下しているから【G・A・N+】タイプ』ではなく、他の疾患、年齢を加味した上でご判断くださいませ。詳しくは、上記『よくある質問』をご参考ください。


※配送業者:佐川急便(福岡県より発送)。ただし沖縄県・離島のみヤマト便。
※出荷(原則):注文から1〜3営業日以内。※到着(予定):発送日より3~4日後(北海道は4〜5日)※注文日当日の発送はいたしておりません。

本商品は、衰弱、食欲不振の猫の栄養補給のために高たんぱく質・高カロリー等を調整した特別療法食です。病気にかかった愛猫を配慮し栄養学的に「高タンパク・糖質制限・高脂質・高オメガ3・高アルギニン」にて調整しております。※なお猫による個体差があるため、獣医師の指導に基づき与えてください。

給与方法

体重1kgに対して18g前後/日(目安)


和漢みらいのキャットフードについて

名称

和漢みらいのキャットフード 【特別療法食 栄養回復(G・A・N+)】【ドライタイプ】

内容量

800g/袋

原材料

生肉(鹿,魚),国産雑節,豚脂,ヤシ,大豆,玄米,大麦,サツマイモ,菜種油,胡麻,米ぬか,卵殻カルシウム,和漢植物【紅豆杉,冬虫夏草,霊芝,アガリクス,ハナビラタケ,チャーガ(シベリア霊芝),板藍根,蝦夷ウコギ,田七人参,朝鮮人参,DHA,亜麻仁,ジャバラ,ノニ果実,タヒボ(紫イペ),メシマコブ,山伏茸,タモギタケ,シロキクラゲ,マイタケ,カワラタケ,ユーグレナ(ミドリムシ),クランベリー,プロポリス,ノコギリヤシ,クコの実(ゴジベリー),八角,ウコン,紅花,菊の花,当帰の葉,ケイヒ,ケイケットウ,ギョクチク,発酵グルコサミン,オルニチン,アルギニン,クロガリンダ,ヒハツ,菊芋,ナツシロギク,クマザサ,ヨモギ,ガジュツ,吉野葛,ハトムギ,キバナオウギ,ドクダミ,大麦若葉,ギムネマ,サラシア,カミツレ,陳皮,スギナ,大棗(ナツメ),イチョウ葉,桑の葉,甜茶,キダチアロエ,山芋,ザイレリア,アムラ,ハス胚芽,生姜,チョウジ,ウイキョウ,ガイヨウ,サンザシ,サンシシ,マタタビ,ライフクシ,ウラジロガシ,グアバ葉,枸杞の葉,ゴカヒ,タラコンピ,杜仲の葉,南蛮の毛,ニンドウ,バスキセイ,ハスの葉,バナバ葉,バンカ,枇杷の葉,レンセンソウ,ジャーマンカモミール,ローズレッドペダル,ネトルリーフ,ダンデライオン,オリーブ】,,サチャインチオイル(耐熱性オメガ3脂肪酸),海藻(フコイダン),イヌリン,セルロース,リジン,メチオニン,乳酸菌,オリゴ糖,タウリン,コリン,ビタミン類(E,B群,A),ミネラル類(亜鉛,鉄)

※国産鹿肉&無農薬マクロビ食材を主体に和漢植物・サプリ成分・オメガ3など約89品種で構成。
※原材料の多くは国産を使用しておりますが、日本で調達できない一部原料は海外産を使用しています。
海外産使用例)チャーガ(シベリア霊芝)…ロシア、紅豆杉…中国、サチャインチオイル&サチャインチパウダー…ペルー等
※グルコサミンについて…カニやエビなど甲殻類を使用せず、アレルギー反応を起こしにくい植物性の『発酵グルコサミン』を使用しています。

賞味期限

枠外下部に記載

原産国

日本

保存方法

冷暗所。開封後はなるべく早めにご使用下さい。

成分分析

粗蛋白質46.2%、粗脂肪16.8%、粗繊維1.0%、粗灰分8.1%、水分6.8%、リン0.61%、ナトリウム0.19% 378.4kcal/100g


スーパーオメガ3パウダー ※すべて無農薬です。

原材料

亜麻仁粉末、DHA粉末

成分分析

粗タンパク質20%、粗脂肪44%、灰分0.4%、食物繊維2.3%、水分10%以下、ナトリウム0.06%、エネルギー560Kcal/100g


腫瘍性疾患【リンパ腫】【黒色腫(メラノーマ)】【血管肉腫】【乳腺腫瘍】【骨肉腫】【膀胱移行上皮癌】

腫瘍性疾患 【リンパ腫】リンパ球の悪性腫瘍。複数のリンパ節が腫れる。最初はリンパ節の腫れ以外元気であるが、徐々にやせたり、貧血が起こる。 【黒色腫(メラノーマ)】皮膚の黒色腫は、猫の皮膚腫瘍の中では比較的少なく、黒い猫、老猫に多い。 【血管肉腫】猫で若齢および老齢にみられる良性の血管を作る細胞の腫瘍。四肢、胸部、腹部、背部、頭部の皮膚に、血マメのような病変ができるものが多い。 【乳腺腫瘍】雌猫の腫瘍としては最も多い腫瘍。発生年齢は10-11歳前後が多い。乳腺部のしこり、大きな固まり、あるいは皮膚の炎症のようにみえる。 【骨肉腫】大型猫の成長期、または骨折や骨の炎症の後など、とくに四肢の骨に慢性的に負荷がかかって炎症が続いた後などによく発生する骨を作る細胞の腫瘍。 【膀胱移行上皮癌】 膀胱粘膜の悪性腫瘍。血尿など慢性膀胱炎の症状が続き、尿を検査すると癌細胞が出ているので発見されることがある。老猫では比較的よくみられる。 その他の癌(腫瘍)としては、肥満細胞腫、リンパ腫、皮膚癌、膀胱腫瘍、肝臓癌、腎臓癌、骨肉腫、髄膜腫、脳腫瘍、白血病、筋腫などがある。




和漢みらいのキャットフード 和漢鹿肉アイケアジュレ ページへ


みらいのキャットフードシリーズ
食事療法 みらいのキャットフード GAN+
みらいのキャットフード 長寿サポート
みらいのキャットフード 特別療法食J(腎臓用)
みらいのキャットフード 特別療法食SE(シニア・高齢用)
みらいのキャットフード 特別療法食KE(結石・膀胱炎用)
みらいのキャットフード 特別療法食H(骨関節用)
みらいのキャットフード 特別療法食A(皮膚アレルギー用)
みらいのキャットフード 特別療法食D(ダイエット用)
みらいのキャットフード 特別療法食SI(心臓用)
みらいのキャットフード 特別療法食KA(肝臓用)
みらいのキャットフード 特別療法食SU(膵臓用)
みらいのキャットフード 特別療法食IC(胃腸用)
みらいのキャットフード 特別療法食TO(糖尿・白内障用)


キャットドライフード


和漢みらいのキャットフード ウエット  腫瘍
和漢みらいのキャットフード ウエット 長寿
和漢みらいのキャットフード ウエット  シニア
和漢みらいのキャットフード ウエット  腎臓
和漢みらいのキャットフード ウエット  皮膚アレルギー
和漢みらいのキャットフード ウエット  結石
和漢みらいのキャットフード ウエット 心臓
和漢みらいのキャットフード ウエット  肝臓
和漢みらいのキャットフード ウエット  膵臓
和漢みらいのキャットフード ウエット  糖尿
和漢みらいのキャットフード ウエット  骨関節
和漢みらいのキャットフード ウエット 胃腸
和漢みらいのキャットフード ウエット  ダイエット


キャットウエットフード


漢方・その他
紅豆杉
和漢ペットサプリ
スーパーオメガ3パウダー
和漢クッキー 和漢ドッグフード
和漢鹿肉ジュレ 和漢ドッグフード
和漢鹿肉アイケアジュレ 和漢ドッグフード
和漢鹿肉ぷちジャーキー 和漢ドッグフード
スーパーハナビタタケ
食べているうちに歯のお掃除 マウスクリーンパウダー


薬膳おやつシリーズ


みらいのドッグフード


和漢ペットサプリ
みらいのキャットフード【和漢】鹿肉アイケアジュレへ
みらいのキャットフード【和漢】ジュレページへ
みらいのキャットフード【和漢】クッキーページへ
フード電話相談をされる前に
和漢ドッグフード公式ブログ

薬膳・みらいのドッグフード instargram
YAKUZEN GARDEN(自然の森漢方堂)instargram
Yakuzen Garden 和漢生活
和漢コーンスープ
和漢コーヒー
和漢だし
和漢青汁
和漢コーンスープセール
自然の森製薬の想い
全13種類和漢シリーズ 和漢キャットフード~和漢みらいのキャットフードシリーズ



上へ
購入プ
ランへ▼